株式会社ナカニシ新本社R&Dセンター RD1が竣工しました

2017年4月20日

ナカニシ社の歯科医療器具はNSKブランドの名で世界シェアナンバーワン、世界14ヵ国に拠点をもち130か国以上の国々に輸出され、世界一の品質を誇っています。RD1の敷地であるナカニシ・サニーキャンパスは、日光連山や深岩山、大芦川の美しい自然に懐かれた立地にあります。四季折々に豊かな表情を見せる鹿沼の景観との新たな調和をめざし、世界最先端の研究開発に資する環境と空間の創出を試みました。

建物の中心を占める4層吹抜けのアトリウム「センターコート」の螺線形スロープが全フロアをシームレスに繋ぎ、社員の多様なコミュニケーションを促します。スロープには15カ所に直径2メートルの耐火ガラス製ラウンドウインドウが設置され、ラボラトリー、研究ゾーン、開発ゾーン、NSKミュージアムなどで展開されるRD1の様々なシーンを間近に見ることが出来ます。

センターコートの空間の形は生命の成長過程に見られる対数螺旋をモチーフにして、ナカニシ社のスローガンである「美しい進歩と創造」を想起させる上昇感を演出、そして世界最高水準の超高速回転技術をシンボライズしています。屋上のサニーテラスには世界各地から訪れるお客様のおもてなしのための“離れ”サニーラウンジがあり、空を切り取るようにカーブする軽快な庇の彼方には、深岩山や大芦川流域の雄大なパノラマが広がります。

外壁は特注アルミ押出成形材によるΣ(シグマ)と呼ぶ環境制御パネルで覆われ、構造躯体を保護しています。Σパネル内には外断熱層や自然換気装置などが設置され、建物内外の環境を制御し、快適な内部環境を守っています。また、自由曲線断面を持つΣパネルのウェーブが柔らかな陰影を生み出し、時刻や天候あるいは季節によって様々な光の表情を映し出します。

RD1のメインゾーンのひとつ、NSKミュージアムは今夏に完成予定です。

基本データ

発注者
株式会社 ナカニシ
施工者
前田建設工業株式会社
敷地面積
47,783.3㎡
建築面積
4,772.02㎡
延床面積
12,089.43㎡
階数
地上4階
構造
RC造
構造設計
金田 充弘 東京芸術大学准教授 OVE ARUP ASSOCIATES LONDON エンジニア/鈴木 芳典 TECTONICA INC.
設備設計
建築エネルギー研究所
用途
事務所・工場
場所
栃木県鹿沼市下日向
完成年月
2017年3月

DATA

Client
NAKANISHI.INC
Constractor
MAEDA CORPORATION
Site area
47,783.3㎡
Building Area
4,772.02㎡
Total floor area
12,089.43㎡
Number of Stories
4F
Structure
RC
Main use
Headquarters and Factory
Location
Shimohinata, Kanuma city, Tochigi prefecture, Japan
Completion Date
March, 2017