飯田市リニア駅周辺整備計画 デザイン監修中 / New SCMAGLEV Train Station Masterplan design in progress

2022年8月4日

2027年に東京-名古屋間で開通が予定されているリニア中央新幹線。
その長野県駅となる、飯田市リニア駅前広場の新築プロジェクトです。
信州・伊那谷の歴史・自然・文化を尊重し、風景・暮らしをつなぐ「結いの広場」をコンセプトとし、北川原温建築都市研究所では、そのデザイン指針となる「デザインガイドライン」を作成しました。
広場内には、高低差を生かし、飯田の水引をモチーフとしたランドスケープ、繊細な阿島傘をヒントにデザインされた木造の大屋根などが展開され、自然豊かな飯田のまちを体現するために、魅力的な空間づくりを進めています。

The SCMAGLEV Line is scheduled to open between Tokyo and Nagoya in 2027.
This is a new construction project for a plaza in front of the SCMAGLEV station in Iida City, which will serve as the Nagano Prefecture station for the SCMAGLEV.
The concept of the plaza is to respect the history, nature, and culture of the Ina Valley in Shinshu, and to connect the landscape and lifestyle of the area. Within the plaza, the difference in elevation is utilized to create an attractive space to embody the rich nature of the city of Iida, with landscaping inspired by Iida’s mizuhiki, a large wooden roof designed with a hint of the delicate Ajima umbrella developed to create an attractive space.

基本データ

発注者
飯田市
敷地面積
約65,000㎡(計画敷地)
用途
駅前広場
場所
長野県飯田市
完成年月
2027年(予定)

DATA

Client
Iida City
Site area
65,000㎡
Main use
Public square
Location
Iida City, Nagano Prefecture
Completion Date
2027