道の駅「可児ッテ」 / CANITTE

2010年1月1日

お社の前を練り歩く御輿の躍動のような、リズミカルな面柱とダイナミックな大屋根が特徴的な道の駅。地域のための祝祭の空間をコンセブトとして、まちに開かれた賑わいあふれる「市(いち)」をイメージしました。店内は「市」としての活気や商品の新鮮さを最大限に引き立てるために、新鮮な青果物の「木箱」のような、素材感のある家具・什器に囲まれた空間としてデザインしています。

The characteristic features of CANITTE are rhythmical pillars and a dynamic large roof. “A festival space for the community” that acts as a market open to the local community was the image that formed the basis for the design of this project. The internal space is characterized by furniture made from natural materials such as wooden boxes for fresh fruits and vegetables. This furniture not only brings out the freshness of the goods but also brightens up the atmosphere of the shop.

基本データ

発注者
可児道の駅株式会社
施工者
株式会社吉川工務店
敷地面積
1726.30m²
延床面積
709.16m²
構造
木造
用途
物販店舗、飲食店
場所
岐阜県可児市柿田字杉坪416-1
完成年月
2010

DATA

Client
Kani Roadside Station Co., Ltd.
Constractor
Yoshikawa Koumuten
Site area
1726.30m²
Total floor area
709.16m²
Structure
Wood
Main use
shop,restaurant
Location
Kani-city,Gifu
Completion Date
2010