ヴィラ・エステリオ / Villa Esterio

2004年1月1日

ヴィラ・エステリオのテーマは「迷宮と空」です。目を細めなければ見えない真昼の陽光が乱反射する眩しい空、そしてその空の光を増幅する白い空間―空に祈る空間を考えました。甲府は日本で最も晴天日数が多く、乾燥した空気は美しい星空を妨げません。そして「白」が美しく映えます。このヴィラは白い壁で囲まれた中庭や通路で構成されていますが、動線がとても長く複雑なためうっかりすると迷うことがあります。普通の計画論に照らせば合理的でない迷路のような平面になっています。ここを訪れた人は別世界へ入ったように感じるでしょう。ただし、サービス動線は最短でシンブルです。中庭や通路から見えるのは白い壁で切り取られた空だけです。ここを訪れ、ぐるぐる歩き回って行き着く先は空なのです。ヴィラ・エステリオは空に向かう垂直の指向性をもっています。この地の白い光と海のように青い空がこの建築を生み出しました。

The theme of Villa Esterio is “The Maze and the Sky”. The concept of this space is, in one hand, shiny sky filled with diffused reflection of midday sunlight which tempts us to squint at and, on the other, white space for prayer to the sky which amplifies skylights. The city of Kofu marks the highest number of clear days in Japan and dry air does not disturb beautiful starry sky. Therefore the color of “white” shines clearly here. While the villa is arranged with courtyard and paths enclosed by white wall, long intricate circulation sometimes makes visitors stray away. Floor plan seems to be an irrational maze in view of standard planning. Visitors feel like being in another world. Exceptionally, service circulation takes the simplest and shortest track. The sky cut out by the white wall can be only seen from courtyard and paths. After wandering the space, we finally find ourselves to be destined to the sky. In other words, Villa Esterio has the vertical directivity to the sky. The origin of this architecture is, therefore, the white sunlight and the marine-blue sky of this region.

基本データ

発注者
株式会社 セレクト
施工者
早野組
敷地面積
3,962m²
延床面積
1017.55m²
構造
S
用途
バンケットホール、ゲストハウス
場所
山梨県甲府市川田町アリア
完成年月
2004

DATA

Client
Select Co.,Ltd
Constractor
Hayano Corporation
Site area
3,962m²
Total floor area
1017.55m²
Structure
S
Main use
banquet hall, guest house
Location
Kofu-city,Yamanashi pref.
Completion Date
2004