飯田高校正門 / Main Gate of Iida High School

1996年1月1日

この門の形は飯田地方の自然形質を決定している代表的な要素―南アルブスや天竜川―が投影された人間性や地域の伝統文化をモチーフとしています。門は6つのビースで全体の形が複雑に変化します。ステンレス製の部材が、生徒が歩く姿に見えることから「群像」と呼ばれています。

The form of the gate reflects local principal elements of the nature (Minami Alps and the Tenryu river) which determine human and cultural characteristics of Iida region. The gate is comprised of six units which changes its configuration in complicated way. This gate is called “the Crowd” since these movable components look like walking students.